【お家で作れる精進料理】精進出汁の作り方。時短簡単お出汁の取り方も

精進出汁の作り方

精進料理の記事を書く前に、まずはご挨拶をかねて、精進についてお話いたします。いろいろと決まりごとがあるのですが、簡単に言うと「野菜料理」です。

肉と魚を使わない。そして、食材を無駄にしない。以上!

これだけ守ればOK。

あとは、その都度、皆様にお教えいたします。さすがに最初からすべてお話したら、数回で終わってしまいます。料理だけに「ネタは小刻みに」出させていただきます。

 まず第一回は基本の「出汁」がスタートだと思います。基本無くして精進を語るはその道にあらず。

目次

昆布出汁(精進出汁)の作り方

  1. 固く絞った布巾で昆布の表面を拭き、汚れを落とす
  2. 水を入れた鍋に昆布を入れ弱火にかける
  3. 鍋肌に小さな気泡が立ち始めたら要注意
  4. 沸騰する前に火を止め、昆布を取り出す

写真で見るとこんな感じ

お出汁の完成です。

すべての料理は出汁で決まる

お出汁ですが、すべての料理の基本です。

また、出汁が効いていないと、全く美味しくありません。

お母さんが留守の際、お父さんがご飯を作ってくれた思い出がありませんか?

「お味噌汁が美味しくない……」そんな経験、あるでしょう?

なぜか?

説明しましょう。

出汁を忘れているからです。

普段料理をしないから知らないんです。

「味噌汁なんて豆腐とワカメ入れて味噌といたらできるやん!」なんて思ってるからダメ。シマヤ出汁の素さえ入れてれば、美味しく完成していたはずです。そしてお父さんの株も上がっていたはずです。

話はズレましたが、すべての料理は出汁で決まります。

中華は鶏ガラ、洋食はフォンドボーです。ラーメンだって鶏ガラ、昆布、豚骨、野菜、秘伝の何かで出汁を作り、醤油のかえしで整える。

やっぱり、出汁が大切ですね。

でも、毎回お出汁を取るのって大変ですよね。その際は、少し多めに作って冷蔵庫で保管して下さい。ペットボトルでもお茶を冷やす容器でもOKです。

保存するための科学調味料が入っていないので4〜5日程で使い切って下さいね。

時短簡単お出汁の取り方

本格的に出汁を取る時間の無い方は、時短簡単方法を。

  1. 2リットルのペットボトルを用意し中を洗浄
  2. 昆布を簡単に洗う
  3. ペットボトルに入るように昆布をカット
  4.  ペットボトルに昆布と水を入れる
  5.  冷蔵庫で一晩保存
  6. 完成(そのままお鍋に注げます)

写真で見るとこんな感じ

ペットボトルは、リサイクルする為に昆布は取り除き洗浄をお忘れなく。実は、昆布はペットボトルの中で大きくなり、口から出なくなります。取り出すためには切るしかない……。

身近な物で考え保存の事からペットボトルを選びましたが、お茶を冷やす容器の方が、何度も使えて洗うのも簡単です。

ただし、重要な事をお忘れなく!容器に「出汁」と、必ず書いて下さいね。うちの家族はお茶と間違って飲みました。そして、書いていない私が怒られました。

「普通、色見たら分かるやん!」って思ったのですが、言うともっと怒られるので止めました……。

調理した人以外は、お茶の容器に出汁が入ってるなんて思わないものです。

(^_-)-☆

最初なので自己紹介

海蔵寺 住職 天野祐至(あまのゆうじ)です。

昭和51年2月11日生まれ、現在47歳。家族は、妻と娘2人と犬(クルトン13歳・甲斐犬)。京都府与謝郡伊根町のお寺の住職を平成16年から勤めております。

魚釣りから料理が遊びだった幼少期

海のそばのお寺の次男坊として生まれ、子どものころは魚釣りが遊びのひとつでした。

釣って帰って調理が普通。

私は手間を考え、釣ってその場で調理。帰宅して直ぐ食卓へ!これが我が家の魚釣りの過程でした。なので、小学生の時には、小魚からブリまでどんな魚も調理できました。

高校を卒業後、大阪の専門学校に進学。2年間居酒屋でアルバイトをし、居酒屋メニューのすべてをマスターし、ほぼ店長の地位を獲得。

卒業後、地方の専門僧堂に修行へ行くも、毎日、掃除、調理、法事、のすべてをこなし、2年間を全う。実家のお寺に帰り住職の補佐をするが、田舎のお寺はやる事がない!

毎日掃除してたら、草が無くなる……。生えて来るのを待つ生活。

こんなの楽しくないし、暇なので、知り合いの世話で、土建屋のアルバイトに行くことに。1年間ダンプを運転、型枠を組んでコンクリート工事、技術をマスターしたので、今はお寺の境内整備にその技術が役立っております。

大きなお寺でお手伝い。1週間ほどのつもりが6年も

そんな私を見ていた師匠が「お盆の手伝いに大阪のお寺に行け」と言いました。

1週間程の手伝いで大阪へ。盆が終わって帰ろうとすると、その寺の御住職からもっと手伝って欲しいと言われ、簡単に返答、ちょっとのはずが6年間。毎日お寺のお参りをし、檀家宅を回る生活。毎日充実しておりました。

大きなお寺で観光名所、「住職を譲る」と言われたが、海の見える生活がしたくなっている時期だった(たまに故郷が恋しくなる)ので、スパーっとお断り!今はその寺、息子が後を継いでます。後見人として出入りしてますけどね。

6年も居たら、住職は師匠みたいなものだし、私の性格からして、毎日住職の奥様と娘と台所で調理して、ご飯を食べてました。もう家族の一員でした。今でもLINEしたりしてます。

荒れ果てたお寺、海蔵寺を15年かけて桜で有名なお寺へ

平成16年に今のお寺、海蔵寺に来ました。私が来るまで無住のお寺、玄関の戸は片手で開かない程歪んで重く、寺は老朽しておりました。

住職は住むのが仕事。

毎日清掃し「お寺はキレイが一番」と言い続けております。

お寺の境内に150年の古木の桜が一本。これを桜の季節が来たらライトアップ。15年前はLEDライトが1つ5万円しました。これを3つ購入して、始めました。

15年の間にインスタ、Facebookなど多くの方の協力(と思ってるけど)により、全国に発信。今や、多くの雑誌やTVなどで取り上げられ「舟屋の一本桜」なんて言われてます。桜で有名なお寺にしました。

これで、知名度をあげ、次は、お寺に来てもらうために、策を考え「お寺で精進料理」を提供し始めました。

写経や坐禅では人は来ません。少し話題や目立つ事が肝心。

1年間で、500~800人程が来られました。

5年程で、「精進料理が食べれるお寺」として有名になり、テレビの旅番組で取材されました。そんでまたまた有名に。集大成とした、このお寺で宿坊を始めたく3年前から下準備。

檀家を説得し各種資格を取得。2年前から宿坊を運営しております。

清掃はプロです。

高校生の夏、天の橋立のホテルでバイトした経験と、宿坊を始めるに、お宿の清掃のアルバイトに行き技を習得。もともとお寺の掃除のプロです。私には簡単な事でした。

うちの宿坊の清掃も住職が担当しております。「髪の毛一本落ちていない清掃」を目指しています。住職はスキンヘッドなので(^_-)-☆

毎日、精進料理の夕食と朝食も作っております。

普段から調理は大好きです。作るの大好き、食べるの嫌い 食べ放題って言葉は嫌いですし、そんなお店は行きません。普通が一番で、そんな欲はありません。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

天野 祐至のアバター 天野 祐至 海蔵寺 住職

昭和51年2月11日生まれ。家族は妻と娘2人と犬(クルトン13歳・甲斐犬)。京都府与謝郡伊根町のお寺、海蔵寺の住職。荒れ寺を15年かけて「舟屋の一本桜」と呼ばれる、桜で有名なお寺に。「精進料理が食べれるお寺」としても話題を集め、宿坊も運営。料理が大好きで毎日、精進料理の夕食と朝食を作っている。

セミナー

窓口de終活では、「終活」を軸にセミナーを開催しています
バラエティ豊かなテーマと講師陣で「終活を楽しみながら学べる時間」をご提供します

セミナーのご予約はこちら
電話で予約
LINEで予約
  • お気軽になんでもご相談ください

    • 相続の手続きを手伝って欲しい
    • 介護施設を探したい
    • 老後資金が不安
    • 遺言書を専門家に依頼したい
    • 遺品整理のアドバイスが欲しい
    • 不動産売却の相談をしたい
目次
閉じる